映画・ドラマ好き


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

八日目の蝉、さっそく観ました!(実は八月の蝉と思ってた・・・)

試写会チケットが当ったので少し前に観てきました!

本日公開ですよね。

周りの人、泣いてました。真央ちゃんの演技、良かったし可愛かったー!

でもね、この映画を観て一番凄いなと印象的だったのが、赤ん坊を盗んだ野々宮希和子役の永作博美。

童顔で可愛らしいイメージだったのに最初に出てきた時は、すっごい暗い不細工なおばさん風だった。

また、それが不自然じゃないんだよねw

会場の95%が女性客でしたよ。

結婚しても恋愛を楽しみたい男達。その楽しい恋愛を続けたいからつく嘘。そして心身共に傷つくのは女。

そうよ。男ってやつは・・・

この空気の中で居なくてはならないので辛いかもw

産む喜び、育てる喜び・・・母性。

この映画を観ると女性は何かしらの想いがよぎるだろうな。

久しぶりに邦画も良いなと思えた映画でした。




〈ストーリー〉

愛人であった秋山丈博の家に侵入した野々宮希和子は、眠っていた赤ちゃんを見て衝動的に誘拐する。希和子は赤ちゃんを薫と名づけ、親友の家や立ち退きを迫られている女の家へと逃亡。しかしやがて、警察が追いかけていることを知ると、公園で天然水や自然食を販売していた謎の団体・エンジェルホームに身を隠すことを決意。所持金をすべて手放し入所する。
希和子が逮捕されて17年後の2005年。秋山恵理菜は大学生になり、過去の出来事を忘れようとしていた。彼女がアルバイトをしているところに、かつてエンジェルホームにいた千草と名乗る女が現れる。入所していた人間を取材していた彼女は恵理菜からも事件のことを聞き出そうとする。一方、恵理菜は妻子持ちの岸田と付き合う中で希和子と同じ道をたどろうとしていることに恐怖を覚える。そして、恵理菜にある異変が起きる。


【送料無料】八日目の蝉

【送料無料】八日目の蝉
価格:620円(税込、送料別)


本も読んでみたいな。

DVDはテレビドラマのが出ていますね。



ブログランキングに参加しています('-'*)ヨロシク♪
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。